2013年9月16日月曜日

彼女の肖像vol.3~顔のない女 09


時折思う。
いっそふたりで肩を抱き合ってさめざめと泣けたらと。そう思わないわけじゃなかった。でも。泣いたって何したって、私たちの時間は巻き戻すことはできない。あの日はなかったことにはならない。あのときの傷はどうあっても、消えてはくれない。
だったら。
できることは、何か。
次に、目をむけ、進むこと、だ。