2010年9月2日木曜日

緑破片(7)

大丈夫?と尋ねられれば
大丈夫だよ、と笑顔を返し。
平気?と尋ねられれば
平気だよ、と笑顔を返し。
そうやっているうちに、私、自分の本当の笑顔がどんなものだったか、
すっかり忘れちゃったよ。
顔を歪ませて、彼女が呟く。

ねぇさん、ほら、今あそこにいるカップル。
仲よさそうだよね。きっと仲いいんだよ、うん。
でもさ、
一瞬でも彼らは、自分たちが被害者になることがあり得るって
考えたりするんだろうか。

しないよね。
自分たちには起こり得ないことだと思っているだろうし、
そもそもそんなこと想像さえしないんだろうな。
私にも、そんな頃があったかもしれないけれど。
もう、あまりに遠い昔で、私、忘れちゃったよ。

何もかもが遥か彼方で。
もう二度と、私には戻ってくることはなくて。
それでも
私は生きていかなくちゃならなくて。

こんな残酷な仕打ちって、ある?